代表ごあいさつ

代表取締役 佐井川 稔

株式会社東宝ハウスホールディングス

代表取締役佐井川稔

時代のもっと先へ、
期待と想像のもっと先へ、
「住まい」のもっと先へ。

現在、日本はこれまでの成長と繁栄を支えてきた仕組みや社会の在り方を見直すべき時期を迎えているような気がします。ICTの発展により便利さと快適さを手に入れた反面、先行き不透明な経済や社会情勢、広がる格差や少子化問題など、未来への漠然とした不安が増している時代、人々は物よりも心の豊かさを求めるようになってきました。不動産ビジネスでも、物件そのものを手にすることに価値を見出すよりも、衣食住としての「住まい」に暮らしの安心や安定を求める声が多く聞かれます。私たちの仕事は今まさに大きな変革を迫られています。この複雑で先の見えにくい時代を勝ち残っていくためには、期待と想像を超える新しい価値を提供することで、お客様に選ばれる企業になることが求められています。
2016年、私たちは創業40周年を迎えるとともに、東宝ハウスグループとして新しい歩みを始めました。東宝ハウスグループは関東一円に広がる住宅流通のネットワークを駆使して、業界や業種の枠を超えた新しい付加価値サービスを開発、提供していくことで、常に新しい挑戦を続けていきます。そして、「住まい」を通じて、その先にある暮らしに、未来に、確かな安心と最大の満足をお届けしていきます。これからの40年も、東宝ハウスグループにご期待ください。