MENU

ライフプランニング

5分でわかる
「ライフプランニング」

ご家族編

最近よく耳にする「ライフプランニング」という言葉。「興味はあるけど、実際どんなものなのか、よくわからない」という方のために。対話形式でわかりやすく解説します。

登場人物紹介

  • Sさん

    製造会社勤務の39歳。2歳の娘とまだ乳児の息子と妻の4人家族。東宝ハウスで「住まい」をご購入。今月から新しい暮らしがスタートします。「ライフプランニング」に興味を持ち、ライフパートナーに話を聞きにいらっしゃいました。

  • 東宝ハウスの
    ライフパートナー

    営業として東宝ハウスに入社。お客様に最高の「住まい」をご提案してきた。現在はライフパートナーとして、お客様に最高の「ライフプランニング」をお届けしている。

今さらなんですけど、「ライフプランニング」って何ですか?
「ライフプランニング」とは、ずばり人生の設計図を作って、「お金を可視化」することです。
お金の可視化…ですか?
はい。例えば、「毎年家族旅行がしたい」「3年後にはもう1人子供がほしいし、車も新しくしたい」とか…これから先々、皆さんそれぞれ「やりたいなぁ」と思っていることがありますよね。
やりたいことはたくさんあるけど、実現できるかどうか…。
将来やりたいことをあらかじめ設計して、そのためにはどのくらいお金が必要か、どんな工夫ができるのか、すぐわかるように可視化しておくと実現に近づきます。しかも、生涯に必要なお金も見えてきます。
ずっと先の未来まで予想して設計図を作るってことですか?
はい、そのようなイメージです。その設計図をお客様と一緒に作り上げるのが、「東宝ハウスのライフプランニング」です。
なるほど。なんとなくイメージできました。でも、不動産の会社がどうして「ライフプランニング」をしているのですか?
そうですね。ご購入後に「ライフプランニング」を行う不動産会社はほとんどありません。でも実は、「住まい」をご購入になられた瞬間が「ライフプランニング」を行う絶好の機会なんです。
絶好の機会ですか…それは、なぜ?
「住まい」はとても高額なお買い物です。これから数十年という長い期間、住宅ローンを支払っていかなければなりません。
はい。少し不安もあります。
そんな不安を「安心」に変えたいと思いませんか?
「不安」を「安心」に…そんなこと、できるんですか?
もちろん、できます。私たちは、これからの時代は単純に「モノ」を売るのではなく、同時に「コト」をご提供していくことが大事だと考えています。人生でいちばん大きなお買い物である「住まい」という「モノ」だけでなく、そこから始まる暮らしの「安心」という「コト」をお届けしたいという想いから、このサービスが生まれました。
確かに「住まい」という「モノ」は、暮らしという「コト」のためにあるものですね。
はい。「コト」が不安や悩みだらけだと、せっかく「住まい」という高額な「モノ」を買った意味がなくなってしまいます。ですから、「コト」がとても大切なのです。そして、不動産の会社である私たちだからこそ、「住まい」をご購入になられた貴重なタイミングに立ち会えるので、効果的な「ライフプランニング」を行うことができるのです。
うーん、とはいえ、「住まい」を買ったタイミングってなにかと忙しいですよね。少し落ち着いてからでもいいのではないですか?
確かに「住まい」のご購入は人生でも大きなイベントですから大変ですよね。でも、ちょっと考えてみてください。例えば 1 住宅ローン控除などの節税対策 2 団体信用生命保険に加入したことによる家計削減 3 変動金利、固定金利の切り替えのタイミングや借り換えの検討 4 最も効果的な繰り上げ返済のタイミング 5 「やりたいコト」を実現するための貯蓄や資産運用 6 計画的な「住まい」の修繕費の積立て これだけ多くの計画が今、立てられるとしたら、いかがですか?
え、そんなにたくさんのことが今、全部できるんですか?
はい。もちろんできます。Sさんに心から「安心」して新しい暮らしをスタートしていただくために、「住まい」をご購入になられたタイミングで「ライフプランニング」を行うことが、とても大切なのです!
なるほど。では、具体的にどうやるんですか?
最初に「コンサルティングシート」を作っていきましょう。Sさんや奥様のお仕事の状況、お子さんの育成方針など、現在の状況と将来のご希望をお聞きしながら、内容を埋めていきます。
はい。よろしくお願いします。
「コンサルティングシート」の内容をグラフにすることで、今後40年間の収支の動きが一目でわかります。
「今後40年間の収入・支出の推移予想グラフ」での解説
収支は青い折れ線グラフで表示されています。教育費のピークを過ぎると支出が抑えられて、一気に上昇しましたね。
教育費はこの部分になります。お子さん2人が大学に入ったタイミングで割合が大きくなり、2人とも卒業すると負担がなくなります。
年間の支出に対して生活費が占める割合がこの部分です。
「今後40年間の収入・支出の推移予想グラフ」での解説
住宅ローンの支払いはこの部分です。70歳で完済するので、それ以降は負担がなくなるのがわかります。
「今後40年間の収入・支出の推移予想グラフ」での解説
なるほど。生涯のお金の流れが一目でわかりますね。
「今後40年間の収入・支出の推移予想グラフ」での解説
「キャッシュフロー表」での解説
キャッシュフロー表で数字を確認することもできます。
「キャッシュフロー表」での解説
項目ごとにまとまっていますので、支出の内訳も数字で見ることができます。
住宅ローンの残高も一目でわかるので、繰り上げ返済のタイミングを検討するときも参考にできます。
わぁ、数字で見るとリアルですねぇ。
「キャッシュフロー表」での解説
「金融資産残高の推移予想」の解説
こちらをご覧ください。2人のお子さんの教育費がピークのとき、貯金がマイナスになります。お子さんの2人とも大学に行ってもらいたい場合、この時期に向けて事前の準備が必要になることがわかります。
親としては2人とも大学に行かせたいとは思っていますけど…。
「金融資産残高の推移予想」の解説
こちらが改善後のプランになります
改善後の「金融資産残高の推移予想」の解説
あ!赤字の部分がなくなりました。
はい。事前にどの時期に負担が大きくなるかを知ることで、対策をすることができました。
改善後の「金融資産残高の推移予想」の解説
でも、プラン通りに貯金ができなくなることもありますよね。そうしたら、改善したグラフのようにはいかないことも…。
はい。ですから、「東宝ハウスのライフプランニング」は何度でもご利用になれます。思うように貯蓄ができなかったり、暮らしのスタイルが変わったりすることもありますので、その場合は何度でも無料でプランの見直しをいたします。いつでもお気軽にお声掛けください。
へーー、そこまで対応してくれるんですか?
はい。このサービスを当たり前にすることで、すべてのお客様が「住まい」のご購入後も、「安心」して幸せで豊かな暮らしができると信じています。そして、それが、「“住まい”のもっと先へ。」というスローガンに込めた東宝ハウスの想いであり、使命だと思っています。
  • 今さらなんですけど、「ライフプランニング」って何ですか?
  • 「ライフプランニング」とは、ずばり人生の設計図を作って、「お金を可視化」することです。
  • お金の可視化…ですか?
  • はい。例えば、「毎年家族旅行がしたい」「3年後にはもう1人子供がほしいし、車も新しくしたい」とか…これから先々、皆さんそれぞれ「やりたいなぁ」と思っていることがありますよね。
  • やりたいことはたくさんあるけど、実現できるかどうか…。
  • 将来やりたいことをあらかじめ設計して、そのためにはどのくらいお金が必要か、どんな工夫ができるのか、すぐわかるように可視化しておくと実現に近づきます。しかも、生涯に必要なお金も見えてきます。
  • ずっと先の未来まで予想して設計図を作るってことですか?
  • はい、そのようなイメージです。その設計図をお客様と一緒に作り上げるのが、「東宝ハウスのライフプランニング」です。
  • なるほど。なんとなくイメージできました。でも、不動産の会社がどうして「ライフプランニング」をしているのですか?
  • そうですね。ご購入後に「ライフプランニング」を行う不動産会社はほとんどありません。でも実は、「住まい」をご購入になられた瞬間が「ライフプランニング」を行う絶好の機会なんです。
  • 絶好の機会ですか…それは、なぜ?
  • 「住まい」はとても高額なお買い物です。これから数十年という長い期間、住宅ローンを支払っていかなければなりません。
  • はい。少し不安もあります。
  • そんな不安を「安心」に変えたいと思いませんか?
  • 「不安」を「安心」に…そんなこと、できるんですか?
  • もちろん、できます。私たちは、これからの時代は単純に「モノ」を売るのではなく、同時に「コト」をご提供していくことが大事だと考えています。人生でいちばん大きなお買い物である「住まい」という「モノ」だけでなく、そこから始まる暮らしの「安心」という「コト」をお届けしたいという想いから、このサービスが生まれました。
  • 確かに「住まい」という「モノ」は、暮らしという「コト」のためにあるものですね。
  • はい。「コト」が不安や悩みだらけだと、せっかく「住まい」という高額な「モノ」を買った意味がなくなってしまいます。ですから、「コト」がとても大切なのです。そして、不動産の会社である私たちだからこそ、「住まい」をご購入になられた貴重なタイミングに立ち会えるので、効果的な「ライフプランニング」を行うことができるのです。
  • うーん、とはいえ、「住まい」を買ったタイミングってなにかと忙しいですよね。少し落ち着いてからでもいいのではないですか?
  • 確かに「住まい」のご購入は人生でも大きなイベントですから大変ですよね。でも、ちょっと考えてみてください。例えば
    1
    住宅ローン控除などの節税対策
    2
    団体信用生命保険に加入したことによる家計削減
    3
    変動金利、固定金利の切り替えのタイミングや借り換えの検討
    4
    最も効果的な繰り上げ返済のタイミング
    5
    「やりたいコト」を実現するための貯蓄や資産運用
    6
    計画的な「住まい」の修繕費の積立て
    これだけ多くの計画が今、立てられるとしたら、いかがですか?
  • え、そんなにたくさんのことが今、全部できるんですか?
  • はい。もちろんできます。Sさんに心から「安心」して新しい暮らしをスタートしていただくために、「住まい」をご購入になられたタイミングで「ライフプランニング」を行うことが、とても大切なのです!
  • なるほど。では、具体的にどうやるんですか?
  • 最初に「コンサルティングシート」を作っていきましょう。Sさんや奥様のお仕事の状況、お子さんの育成方針など、現在の状況と将来のご希望をお聞きしながら、内容を埋めていきます。
  • はい。よろしくお願いします。

「今後40年間の収入・支出の
推移予想グラフ」での解説

  • 「コンサルティングシート」の内容をグラフにすることで、今後40年間の収支の動きが一目でわかります。
  • 収支は青い折れ線グラフで表示されています。教育費のピークを過ぎると支出が抑えられて、一気に上昇しましたね。
  • 教育費はこの部分になります。お子さん2人が大学に入ったタイミングで割合が大きくなり、2人とも卒業すると負担がなくなります。
  • 年間の支出に対して生活費が占める割合がこの部分です。
  • 住宅ローンの支払いはこの部分です。70歳で完済するので、それ以降は負担がなくなるのがわかります。
  • なるほど。生涯のお金の流れが一目でわかりますね。

「キャッシュフロー表」
での解説

  • キャッシュフロー表で数字を確認することもできます。
  • 項目ごとにまとまっていますので、支出の内訳も数字で見ることができます。
  • 住宅ローンの残高も一目でわかるので、繰り上げ返済のタイミングを検討するときも参考にできます。
  • わぁ、数字で見るとリアルですねぇ。

「金融資産残高の推移予想」
の解説

  • こちらをご覧ください。2人のお子さんの教育費がピークのとき、貯金がマイナスになります。お子さんの2人とも大学に行ってもらいたい場合、この時期に向けて事前の準備が必要になることがわかります。
  • 親としては2人とも大学に行かせたいとは思っていますけど…。

改善後の「金融資産残高の
推移予想」の解説

  • こちらが改善後のプランになります
  • あ!赤字の部分がなくなりました。
  • でも、プラン通りに貯金ができなくなることもありますよね。そうしたら、改善したグラフのようにはいかないことも…。
  • はい。ですから、「東宝ハウスのライフプランニング」は何度でもご利用になれます。思うように貯蓄ができなかったり、暮らしのスタイルが変わったりすることもありますので、その場合は何度でも無料でプランの見直しをいたします。いつでもお気軽にお声掛けください。
  • へーー、そこまで対応してくれるんですか?
  • はい。このサービスを当たり前にすることで、すべてのお客様が「住まい」のご購入後も、「安心」して幸せで豊かな暮らしができると信じています。そして、それが、「“住まい”のもっと先へ。」というスローガンに込めた東宝ハウスの想いであり、使命だと思っています。

お問合せは、お電話、メールにて、
どうぞお気軽にご連絡ください。

株式会社 東宝ハウスホールディングス NEXT事業部